スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
替え歌になる歌も時代によって・・・
2009 / 09 / 15 ( Tue )
先日、2人の子供達が、替え歌を歌っていて

曲は「爆風スランプのRUNNER(ランナー)」

まさに私の青春時代の曲で・・・。

それが
「走る、走る、俺たち」

「走る、転ぶ、血が出る・・・」


になり、その後はあまりにもなので言えませんが・・・

またサザエさんもこんな感じに・・・

「トイレで転んだサザエさん、ワカメはビックリ

カツオは喜び・・・・」

です。

しかし、いつの時代も替え歌はありますね。

私も友人の結婚式で、「明日があるさ」の歌詞を代えて

2度程みんなで歌いました。結構簡単で良いですよ。

私の子供の頃の替え歌?で思い出す歌と言えば(正確には違うかもしれませんが)

小柳ルミ子の「瀬戸の花嫁」で

「瀬戸は日暮れて夕波小波」「あなたの島へお嫁に行くの」

↓を

「瀬戸ワンタン、ひぐれ天丼

夕波こなみつまめ

「あなたのしまえびせん、およめにいくのりたま・・・」


と歌っていたのをふと思い出しました。

これ全国的に流行っていたと勝手に思っていたのですが・・・

知ってますか?



12 : 25 : 33 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<もっと刑を重くして、実態を報道しないと・・・ | ホーム | エイベックスコンサートで小室哲哉復帰を実際見て・・・>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://taisetuya.blog60.fc2.com/tb.php/118-e0fc527d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。